オイルポット専門店【エコポット名品館】 オイルポット専門店【エコポット名品館】

エコポット名品館 > よくあるご質問

よくあるご質問

オイルポットと活性炭フィルターについて、よくいただくご質問をまとめました。

オイルポットについて

Q. 組み立て方を教えてください。

オイルポットの組み立て方

A.左の図の順番に組み立ててお使い下さい。活性炭フィルターは必ず取り付けてお使いください。


Q. ろ過する時期はいつ頃がいいの?

A.油をお使いになる毎にろ過して下さい。またろ過する度に新しい油を継ぎ足していただくと、油の酸化を抑えて長くお使いいただけます。

Q. ろ過にかかる時間の目安は?

A.1回分(500cc)をろ過する時間の目安として、油の温度が120〜150度の状態で約30分、常温で約1時間程度かかります。
※油の汚れ具合によっては、何時間もろ過にかかる場合がございます。

Q. オイルポットで油をろ過するとどうなるの?

オイルポットの組み立て方

A.左は油を10回使用した際にオイルポットを使用しなかった場合と、毎回オイルポットでろ過した場合の比較です。


Q. 油のニオイも取れますか?

A.活性炭がニオイも吸収します。ただし、魚や肉類等のニオイの強い食材を揚げた場合、ニオイが残る場合がございます。

Q. 調理後の油をすぐに入れても大丈夫ですか?

A.調理後すぐの高温の油を入れますと活性炭カートリッジの性能が十分に発揮されません。目安としては油の温度が150度以下(調理後15分以上経過してから)まで下がってからオイルポットに入れてください。
また、油の温度を下げて時間をかけてろ過すると、よりきれいに油をろ過する事ができます。

Q. ろ過したら油の量が減ったみたいだけど?

A.ろ過の際に油は多少活性炭に吸収されるので、量が減ります。(特に新品のカートリッジをお使いの場合、多めに油が吸収されます。)
ろ過の際に減った分の油を足しながらお使いいただくと、油の酸化を抑えながらお使いいただけます。

Q. 本体のお手入れ方法を教えてください。

A.食器用の中性洗剤で洗って下さい。特に、油の底に沈殿物がたまったら掃除してください。

活性炭フィルターについて

Q. フィルターの交換時期は?

A.1回500ccをろ過するとして、約10回使用できます。油のろ過に極端に時間がかかるようになったら交換時期です。

Q. 揚げ物をした油をろ過したら、すぐに油が落ちなくなったけど?

A.カートリッジの不織布フィルターが目詰まりを起こしたからです。から揚げなどの動物性脂肪が出る調理や、粉っぽい衣の揚げ物をした場合、油に含まれる微細なカスでフィルターが目詰まりを起こし、使用回数が極端に落ちる場合がございます。

Q. そういう場合にフィルターを長持ちさせる方法は?

A.オイルポットのこし網と活性炭カートリッジの間に、市販のキッチンペーパーを敷いてろ過して下さい。ろ過にかかる時間は伸びますが、目詰まりを大幅に防ぐ事ができます。

目詰まりを起こさない様に

Q. 使用済みフィルターの処分方法は?

A.可燃コミとして処分できます。尚、捨てる際はカートリッジの温度が40度以下に下がってから(目安として通油後約1日以上経過してから)捨ててください。温度が高いまま捨てると火災の原因になります。

← 前のページに戻る